第493回越谷市郷土研究会史跡めぐりが行なわれました|2018年10月14日

2018年10月14日・日曜日。NPO法人・越谷市郷土研究会主催のイベント「第493回 史跡めぐり」が行なわれました。「サイコーな越ヶ谷宿を再考」と題し、旧日光街道・越ヶ谷宿周辺の史跡や歴史的建造物など約19箇所を約3時間かけて、越谷市郷土研究会員のガイドが案内しました。
 
当日は、午前8時30分に東武スカイツリーライン越谷駅東口に集合。参加者は65人。5班に分かれ、各班ごとにガイドが付いて史跡めぐりスタート。
 
巡ったコースは(1)旧越谷市役所跡(2)東正院跡(3)不動道追分(4)新町八幡神社・澄海寺跡(5)観音横町観音堂(6)コシガヤホシクサ発見推定地(7)中町浅間神社(8)袋町通り・御殿表通り(9)越ヶ谷御殿跡(10)建長板碑(11)神明社・市神社(12)大橋際河岸跡(13)本陣跡・鷹番小屋跡(14)東武劇場跡(15)問屋場跡・脇本陣跡(16)照光院・天神社跡(17)光明院(18)大沢香取神社(19)往古奥州道推定地
 
ゴールの北越谷駅東口に到着したのが午後0時。歩いた距離は約5キロ。上記史跡のほかにも河内屋旅館(越谷市越ヶ谷本町8-2)の黒板塀や国の有形文化財にも登録されている木下半助商店(越谷市中町7-20)の石倉など、歴史的価値のある建造物も見ることができました。
 
越谷市郷土研究会では、史跡巡りや講演会など、さまざまなイベントを行なっています。越谷市郷土研究会が主催するイベントや入会などについては越谷市郷土研究会のホームページでご確認ください。
 

越谷市郷土研究会のホームページ

日光街道越ヶ谷宿 重陽の節句 ポスター重陽の節句(大人のひな祭り)が越ヶ谷宿で行なわれました。

第44回越谷市民まつり会場第44回越谷市民まつりが2018年10月28日(日)に行なわれました。

PAGE TOP