大相模不動尊大聖寺にある越谷市の指定文化財

埼玉県越谷市相模町にある大聖寺(だいしょうじ)は、奈良時代の天宝勝宝(てんぴょうしょうほう)2年、西暦750年に創建されたといわれている越谷市最古のお寺です。大相模不動尊(おおさがみふどうしそん)とも呼ばれています。
 
大聖寺には越谷市の指定文化財が4件あります。そのひとつが大聖寺の入口ともなる「大聖寺の山門」(だいしょうじのさんもん)。「真大山」(しんたいさん)の額は、江戸時代中期の大名・松平定信(まつだいらさだのぶ)が書いたといわれています。
 
また、越谷市内に現存する最古の貴重な古文書(こもんじょ)である「北条氏繁掟書」(ほうじょううじしげおきてがき)や徳川家康が大聖寺に宿泊したさいに与えたといわれる「徳川家康の夜具」(とくがわいえやすのやぐ)、幹周り約4メートル・樹齢およそ500年といわれている「大聖寺のタブノキ」が、越谷市の文化財に指定されています。
 

友愛通信の体験コーナー|第27回ボランティアフェスティバル第27回ボランティアフェスティバルこしがやで押し花はがき&絵手紙づくりを体験

第11回協働フェスタ会場第11回協働フェスタが2019年1月26日に越谷市中央市民会館で開催

関連記事

  1. 聖徳寺のイチョウ|越谷市北川崎

    黄葉の見ごろを迎えた聖徳寺のイチョウ|埼玉県越谷…

    2018年11月30日。埼玉県越谷市北川崎にある聖徳寺(しょうとくじ)のイチ…

PAGE TOP